清水寺の周辺散策~紅葉散策


日は東に、明日は西にという感じで、京都の清水寺に行ってきました

清水寺はただいま改修中。

残念ながら遠巻きには拝むことができませんが、

紅葉を背景に高台から市内を眺めようと思ったら、もってこいの場所なのです。

現在修繕中の舞台。

都駅からバスで15分くらいでしょうか?

直行バスなどもあり、かなりの本数のバスが出ていましたので、

バス待ちの長蛇の列は回転が速かったです。

ただし、週末はやばいです。今日は平日でしたからマシでしたが…

途中のおだんごやさんで一服。

五条坂のバス停から係員の誘導で坂を上っていきます。

坂道は右側通行です。寺までは坂道です。寺に入っても坂道です。

京都は内陸ですから、寒いです。特に今日は冷えました。

夜間のライトアップもやっていますが、防寒着は必須です。

坂を上っていくと、茶わん坂と呼ばれるところがあります。

清水焼でも有名なこの地に、茶わん坂。

レトロな陶器屋さんが並びます。

青磁の陶器はないかな~



のうちの一軒に入ってみました。窯元のお店だそうです。

京風なおばあちゃんが店番をしていました。

「うちとこは、料亭はんに多く卸してますねん」とのこと。

「がらものが多おますねん。」とすすめてくれたのは、白地になすびの柄。

古臭くてなんともいい感じ。

そのおばあちゃん、立ってられなくて、椅子に座ってしまいました・

「料亭さんに多く卸してますんで、一つ当たりがお安おますねん」

「茶碗の形も、丸みついてますんは東のもん、なだらかなもんは地のもんです」

茶わん坂から清水坂の抜け道です。やっぱり坂です。

2件となりの「朝日堂」さんでは、お箸を売っていました。

よく見ると生産地は福井県。

福井から京都へは昔からいろんなものが流入してます。

「漆のものは食洗機では漆がとれてしまってだめになります」

「食洗機専用のものを使ってください」とのことでした。

子供と私のお箸を購入。

改装中の舞台

清水寺は紅葉真っ盛り。

ただし、舞台の方は只今改装中です。

平日なのにすごい人でした。
京都の町を一望できます。
敷地内も見事な紅葉でした。



りは清水坂を途中まで下ります。

坂の途中で京都を代表するケーキ屋さん「マールブランシュ

清水寺限定のお菓子だそうです。

茶のクッキーにホワイトチョコをはさんでいます。

お店の入り口で、試食品として一枚づつふるまっていました。

濃厚な抹茶のクッキーとホワイトチョコの絶妙なバランスの味。

おいしかったので、5枚入りを購入。

すると、レジでもう一枚同じものをくれました。ちょっとお得。 😆 

お店をでてさらに坂を下ります。

三年坂の分岐路付近。やっぱりすごい人でした。

三年坂入口付近。ここも坂です。

坂を下りきったところから、石畳が続きます。

お土産物やさんと喫茶店、食事処が並びます。

この道の途中から、さらに右へ曲がると二年坂へと続きます。

れは?一軒家??

違います。よ~く見てください。

スタバです。真ん中の看板がおしゃれです。

京都では、条例に基づいて景観を重視した店舗にしなければなりません。

京都の町家を改装してこんな感じになっています。

京都の町家は細長いんです。

民家だったようですが、人通りが多すぎてここには住めませんよね。

間口は狭いけど、奥行きがあります。中は1階席と2階席に分かれています。

ソファー席やテーブル席、京都らしく畳座敷の席もあり。

みんな思い思いの場所でくつろいでいました。

1時間くらいゆっくりしてから、

この後は、五条通まで出て、祇園経由で帰ってきました。

祇園の南座ではジャニーズ喜多川さんとタッキーが演出した舞台が公演中。

ジャニーズファンが続々と入り口前に集まっていました。

十二月も間近になり、歩く人のペースが少々速いような気がしました。

今年の紅葉散策はこれにて終了。

お気に召しましたら
いいね ! してね

Twitter で

ブログを更新しました!生活に関わる色々なものを紹介しています。ぜひ見てね!