時短料理~ピカタとにんじんの明太子やき


時短料理っていったい何でしょうか?

「時短料理は実現は難しい」いうのが私の持論。

人間が食にかける労力って結構すごいんですよ!私たちが気づかないだけで。

そもそも料理って、火をつけて食材を加熱するだけにとどまりません。

食材を洗って、切って、盛り付けて、調理時間とプラスα時間をかんがえないといけません。

それから、好みの問題もあります。

好みを追求していくと品定めもこだわるので、買い物にも時間がかかります。

Peggy CCIによるPixabayからの画像

肉と魚は1か月分を買いだめして冷凍室に入れておきます。

毎週献立を考えて、週ごとに使う肉魚を手前にもってきて、

明日使うものだけを冷蔵庫に移して解凍しておきます。

今日は豚肉があります。

とんかつにすると手間ががかかるので、ピカタにします。

いつもなら小麦粉を使うところですが、今日は卵とパン粉、粉チーズで作ります。

塩コショウの代わりに、今日はこれを隠し味にします。

クレージーソルトです。Made in USAです。

コストコで見つけたのですが、スーパーでも見かけるようになりました。

黒コショウやハーブなどの香辛料が入っていますので、肉魚料理の隠し味にもってこいです。

クレージーソルト→卵→粉チーズとパン粉と順番につけて、焼きます。

焦げ色こんがり。スパイシーな味で美味しかったですよ。

冷蔵庫の野菜室をみると、にんじんがたくさんありました。

中サイズのにんじん2本を5㎝長の短冊に切り、ごま油を引いたフライパンで炒めます。

しばらくしたら、だし汁をコップ1杯弱入れて蒸して水気をとばします。

ある程度火がとおった時点で、明太子のばらこを入れます。

コストコで売っているかねふくのスティックタイプのもの約30g入りで
これを一本使います。

そのままご飯にかけてもいいですし、パスタなどの料理にも使えます。

1袋20本入り。「多いかな~」っておもいましたが、

意外にも使い道があって、すぐになくなりました。

家のコンロは3口で、残る1つでは煮物を作っています。

圧力なべを使うと短時間にできます。

5分から10分でできますが、鍋の中は圧力がかかっていますから、

鍋の温度が下がるまで、蓋を開けてはいけません。

ですから、朝食と一緒に作っておき、夕方に食べるようにします。

というわけで、この日の夕食は全部で20分以内で完了です。

これ、最近はやっていますね。

煮物や蒸し料理など炊飯器のようにスイッチ一つで調理できます。

こちらにおすすめのものが紹介されています

>>>「電気圧力鍋のおすすめ9選【2019年】」

シャープのは無水調理可能だって。楽そうですね。

1台あると便利ですね。

お気に召しましたら
いいね ! してね

Twitter で

ブログを更新しました!生活に関わる色々なものを紹介しています。ぜひ見てね!