サワーなテイスト。甲府のシャンパン


きのう、白ワインだと思って買ったワイン。

早速飲んでみようと開けたところ…、「ポン!」

もしかしてこれは…シャンパンだった…。

私、シャンパン嫌いなんです。「わ~失敗した~」

でも、もう開けてしまったので仕方がありません。

飲むことにしました。

炭酸を抜きたかったので、グラスに注いでしばらく置くと、

ほどよく炭酸も抜けて、いい感じに。

甲州産のスパークリングワイン

甲州種の白ぶどうには、「プロリン」というアミノ酸の一種である成分が含まれています。
プロリンは、コラーゲンを修復する力をもち、肌に潤いを持たせる天然保湿成分です。
甲州種にはヨーロッパ系の白ぶどう種の2~3倍のプロリンが含まれています。


「悪くはないわ」と思いながら、飲んでみました。

開けてみると、フルーティーな香りがします。

「おっと!これは!! 😉 」

注いでみると、泡がきめ細かくてきれいです。

泡を見ただけで、一目瞭然。「日本のワインもなかなかだわ~」

注いだ後しばらくおいたためか、炭酸も抜けて、一口。

ほどよい酸味と炭酸のバランスで、のどもとを通り抜けます。

さらっとしたのどごしで、口の中にも残りません。

飲んだ後もお腹が張る感じがしません。

おいしくいただけました。

あまり頻回に飲まない女性のかたでもいい感じです。

探してみると、青ラベルのものもあります。

白ラベルはセックキューブクローズで青ラベルがブリュットキューブクローズ。

この違いは何??

両方とも同じ甲州種の白ぶどうを使用していますし、製法もキューブクローズ製法だそうです。

メーカーのHPを見ましたが、未だはっきりせず。

ということで、メーカーに問い合わせ中です。

お返事がきましたらUPしますね。

お気に召しましたら
いいね ! してね

Twitter で

ブログを更新しました!生活に関わる色々なものを紹介しています。ぜひ見てね!